諫早市で遺言書作成をお手伝いする長崎県央行政書士事務所

諫早市で遺言書作成をお手伝いする長崎県央行政書士事務所

お問い合わせ

遺言書が必要な理由とは?

遺言書が必要な理由は、以下の通り大きく3つあります。

  1. 遺言書がないと家族が揉めやすい
  2. 遺言書がないと相続手続きが大変になる
  3. 遺言書がないと自分の希望通りの相続ができない

遺言書がないと家族が揉めやすい

なぜ遺言書がないと家族が遺産相続で揉めやすいのでしょうか?

 

それは、遺産を話し合いで分けなくてはならないからです。

 

この話し合いには、法律で決められている相続人全員が参加し、全員の意見がまとまるまでは遺産を分けることはできません。

 

普段から相続人同士の仲が良いとしても、それぞれの家族や第三者の口出しがあって、話がまとまらないケースは少なくありません。
まして、相続の話し合いに介護問題、再婚問題、事業承継、婚外子、嫁姑問題など少し複雑な人間関係が絡むなら、決着までに困難が予想されます。

 

遺言書を作っておく大きな利点は、残された家族が話し合う必要なく遺産を受け取れるということです。話し合う必要がないのですから、揉めることもなく、各相続人はただ受け入れるしかありません。

 

遺言者が生前にきちんと意思を表明していれば、残された人はそれを尊重しようという気持ちになりますし、内心で不満が残る場合でも、裁判などの争いにまで発展することは稀です。

 

ただし、作成方法や内容に関して十分検討しておかなければ、逆に揉める原因を作ってしまいますから注意が必要です。

 

遺言書がないと相続手続きが大変になる

相続した財産は所定の手続きを行って、名義を変更する必要があります。

 

しかし、遺言者がない場合には、必要な書類も踏むべき手順も多く煩雑になります。

遺言者がないと手続きが大変

 

まず前項で述べたように、遺産分割の話し合いを開催して全員が合意するまでが一苦労です。その後には、権利証書として法的に有効な遺産分割協議書を作成しなければなりません。

 

さらに相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書を集めたり、金融機関ごとに相続人全員の同意書を作成したりと、手間も時間もかかります。

 

また、そもそも亡くなった方の遺産を把握できていないということもあり、そこから始めなければならないケースもあります。

 

これが遺言書があれば、それ自体が権利を証明する書類となりますから、遺産分割の話し合いを行う場合と比較して、手続きも必要書類も大幅に省略されます。

 

特に遺言書を公正証書で作成していた場合には、相続開始後の早いうちに、不動産や銀行の名義変更手続きを完了することも可能です。

 

遺言書がないと自分の希望通りの相続ができない

原則として遺言書がなければ、法律で定められた相続人以外には財産を渡すことはできません。

 

例えば、以下のような願いがあるなら遺言書を作っておく必要があります。

  • お世話になった人や団体に感謝の気持ちとして受け取ってほしいものがある
  • 遺産を孫の学費に使ってほしい
  • 介護してくれた嫁に財産を残したい
  • 内縁の妻に遺産を残したい
  • 遺産は公益団体や宗教団体に寄付したい

 

諫早市で遺言書を作るには?

遺言書を作成するには、幾つかの方法があります。

 

しかし、大きく分けると、個人的に作るか、役所で作るかの2つのパターンがあります。

 

役所で作る場合は、諫早市では高城町にある公証役場で作成してもらいます。

 

遺言書を個人的に作る場合も、公証役場で作る場合も、その内容については自分で方針を決めなくてはなりませんし、法的に問題がないかを十分に検討しなくてはなりません。

 

長崎県央行政書士事務所では、遺言書作成をお考えの方に向けたサポートサービスを提供しています。

 

推定相続人の確定や財産目録の作成、遺留分の検討や税金面のアドバイス、必要書類の収集など、お客様のご要望に応じて対応いたしますので、まずはご相談ください。

 

お問い合わせ

 

トップへ戻る